矯正治療例 歯周病豆知識 スマイルキッズclub アクセス お問合せ
歯科衛生士募集
雑誌に紹介されました



過去に掲載された雑誌 >>

歯周病の進行と治療について

健康な状態

【健康な状態】
歯周ポケットの深さ:1〜2mm
歯茎の色はピンク色

【治療】
正しいブラッシングと定期的な歯科医院での診察を受け健康を維持。

中等程度の歯周病

【中等程度の歯周病】
歯周ポケットの深さ:4〜6mm
歯茎の色はくすみがかったピンク色
歯周ポケットに歯周病細菌の感染・増殖。歯肉から出血。

【治療】
ブラッシングだけでは除去できない深いところに歯石がたまり感染していることも。歯石を完全に取り除く処置を行います。

重度の歯周病

【重度の歯周病】
歯周ポケットの深さ:6mm以上
歯茎が腫れて痛む
歯茎を押すと膿が出る

【治療】
除去しきれない感染源のプラーク(歯垢)が取れないこともあります。専門医による治療と併せて歯のクリーニングやご自身でのブラッシングを徹底して行います。

末期の歯周病

【末期の歯周病】
歯が抜け落ちる

【治療】
末期となると抜歯を余儀なくされます。当院では失った歯の補綴治療としてインプラントをおすすめしています。

歯周病専門医による治療の流れ

初診相談

まずは、現在の健康状態やこれまでの経過など、今後治療を行って
いく上で参考となる情報について患者さんから話を聞きます。

歯周病検査

歯周病検査

レントゲンを撮って骨の状態を見たり、歯周プローブを使って歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態を検査します。

内科的歯周病治療

内科的歯周病治療とはつまり、飲み薬で歯周病を治そう!と言う全く新しい考え方です。

その方法としては細菌検査により歯周病細菌を固定し飲み薬で治す方法です。「歯周病は歯周病菌による感染症である」という考え方で編み出された変則の組み合わせなのです。すべての歯周病が治るわけではありませんので当院歯周病専門医にお尋ね下さい。

レーザ治療開始

歯周病治療の1つとしてレーザ治療を行っています。炎症がおこっている歯茎の溝(歯周ポケット)の中を焼いていきます。照射することによって歯周病菌をやっつけて弱っている歯茎を健康な歯茎に生き返らせます。

【レーザの種類】

  • YAG(ヤグ)レーザ
  • 炭酸ガスレーザ
  • 高周波レーザ

照射することで痛みなく歯周ポケット殺菌・洗浄し歯周病菌減少させます。通常の治療より3〜6倍早くに治療ができ、痛みを効果的に取り除いてくれます

ヤグレーザーは歯石に反応し歯肉の奥にある歯石も取り除く効果があり、歯周病治療に有効なレーザです。

再生療法開始

歯周病菌で溶けてしまった歯の周りの組織を再生させる治療を行います。歯周病に感染した部位を洗浄し、歯肉が回復するスペースを確保し歯周ポケットを浅くすることで、歯の骨を再生させ健康な歯を取り戻すことが可能になります。

再検査・定期検査

再び歯周ポケットを測定し、治り具合を確認します。問題がなければ、治療は終了となります。再発防止のために1ヶ月〜3ヶ月に一度、定期健診を受診することをお勧めしています。

プラークコントロール&生活習慣の改善

定期健診を受け、プラークコントロールを行って下さい。また、日々の生活の中での歯みがきは予防の基本です。歯周病予防だけではなく虫歯やの予防ににもなりますので、原因となるプラークの除去のために毎食後のブラッシングを徹底して続けてください。

また毎日の生活のなかに歯周病にかかりやすくなる要因がひそんでいます。食生活の改善、禁煙をするなどなど、心がけてください。

>> 歯周病治療例